CIFの解説 貿易用語インコタームズCIF

CIFとは簡単に言えば輸出者が運賃(船賃)を負担する取引条件となります。

CIFのIはInsurance(保険)を表しており、保険の説明についてはここでは省力します。

CIFの一連の流れ

ここでは全体の流れを図解にしてわかりやすく説明しています。上が輸出する場合で、下が輸入する場合です。

ここでは保険については説明入れていません。

輸出者(売る場合)の経費負担

海外に商品を売る場合は運賃がどれぐらいかを商品代金に入れておかなければなりません。

FOBやFCAは国内でかかる経費だけでしたが、CIFになるとそれが変わりますので注意です。

FOB FCAについては下記にてご紹介しています。

インコタームズFOBの図解

輸入者(買う場合)の経費負担

輸入者は輸出者に比べると取引条件では比較的優位な立場にあります。船賃込みの値段で輸入してますのでコストを比較的抑えられます。

ただし、運賃がとても安い見積もりを持っている船会社さんとのお付き合いがあると、取引条件ではFOBも優位ということもあります。

他にも貿易用語をお知りになりたい方こちら:貿易用語

関税について詳しく知りたい方:実行関税率表はこちら


事業ご案内